トマトの歴史

 トマトは、南アメリカのアンデス山脈高原地帯原産のナス科トマト属の植物。緑黄色野菜の一種です。 8世紀の初頭、アステカやインカの民が最初に栽培したと言われており、世界には約8000種類以上ものトマトが存在しています。日本の場合は、農林水産省の品種登録によると190種類を超えるトマトの品種が登録されている状態です。 日本語の異称では、唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)と呼ばれています。



 スペイン人が、16世紀に南アメリカに到達して、唐辛子、とうもろこし、ジャガイモ、その他の色んな植物の種をヨーロッパに持ち帰りましたが、トマトも同じようにヨーロッパに伝えられました。当時、トマトは有毒であるベラドンナに似ていたため、毒であると信じる人も多く最初は観賞用とされていました。しかし、イタリアの貧困層で食用にしようと考える人が現れ、200年にも及ぶ開発を経て現在に至ります。一般的に食用となったのは18世紀のことです。イタリア、ポルトガル、スペインの地中海地域で好まれるようになっていきました。最初は揚げ物調理されたいましたが、フランスや南イタリアでトマトソースが作られるようになり、今では赤色の調味料には欠かせない存在となっています。18世紀末にイタリアでは多彩なトマト料理がすでに生まれ、パスタや肉のトマト煮込みとして重宝されています。そして、北アメリカではその後もしばらくは食用としては認知されていませんでした。



 トマトが日本に伝わったのは17世紀の半ばです。四代将軍徳川家綱のお抱え絵師であった狩野探幽が「唐なすび」と称して1668年に描いています。最古の文献は江戸前期の儒学者貝原益軒の大和本草(1709年)で、「唐ガキ」と紹介されており、中国では、現在も「西紅柿」と呼ばれています。



 最初はヨーロッパと同様に観賞用として珍重されていました。食用になったのは明治以降です。キャベツやたまねぎ、アスパラガス、にんじんなどの西洋野菜とともに改めてヨーロッパやアメリカから導入されたのでした。日本で食用として利用されるようになったのは明治以降で、さらに日本人の味覚にあった品種の育成が盛んになったのは昭和に入ってからのことです。



 日本でトマトの栽培が始まった頃は、温室などの設備が不十分なために、春に種を播いて夏に収穫する作型が一般的でしたが、現在では、ハウス栽培などで年間を通してトマトを栽培することが可能となり、一年中、おいしくいただけるようになりました。